歴史

シェルストンIPは1859年にエドワード・ウォーターズがメルボルンに特許事務所を開設して以来、長い歴史を誇っております。

シェルストンという現在の名称は、1921年に15歳という若さで単身英国からオーストラリアに移住してきたロバート(ボブ)・チャールズ・シェルストンにちなんでおります。

ボブ・シェルストンは、21歳のときにエドワード・ウォーターズのシドニー事務所に入所、その後、特許庁で審査官を務めました。審査官が特許弁理士になる例は数多くありますが、恐らく、ボブ・シェルストンは弁理士から審査官になった唯一の人物だろうと思われます。

ボブは1944年にエドワード・ウォーターズのシドニー事務所に戻った後、1972年にエドワード・ウォーターズからシドニーでの事業を引き受け、名称もシェルストン ウォーターズに改称。その後も発展を続け、2000年にニューキャッスル事務所を、2005年にブリスベン事務所、2012年にニュージーランドのオークランド事務所を開きました。

2004年にシェルストンIPに改称し、現在に至っております。

 

History