フード・テクノロジー Food Technology

フード・テクノロジーは、より栄養価の高い、より消化の良いプロテイン・シェークをつくる科学です。それはチョコレートをさらにおいしくする、あるいは清涼飲料の炭酸がより長く保てるようにする科学です。そして、それは飢饉や病気が流行している世界の地域に安全な食品を保存して届けることができるようにする科学でもあります。

 

シェルストンIPはその歴史を通して、常にオーストラリアのフード・テクノロジー分野で最先端の位置付けを保っています。オーストラリアのマーケットにグローバル食品テクノロジーを持ち込む場合でも、あるいはオーストラリアのテクノロジーを海外で活用する場合でもシェルストンIPのフード・テクノロジー・チームは理想的な知財アドバイザーとしてお役に立てます。

In short, there’s food technology behind nearly everything we eat or drink – even fresh eggs and tap water.

At Shelston IP, we have a team of professional staff sharing not only an appreciation of food – but also, the science behind it.  If we sample a piece of chocolate and it tastes chalky, we’ll know that it won’t have been conched for long enough.  Everyone knows a bad beer when they taste one – but we can pinpoint why. And if your ice-cream is more ice than cream, then this too is a matter of science.

Throughout our history, Shelston IP has been at the cutting edge of Australasian food technology.  Whether we’re adapting global technologies to our local market or taking local technologies offshore, our food technology team is ideally placed to assist.